★ギターは誰の手に?!★OTを中心としたblogです★トラバ・コメント・リンクお気軽にどうぞ★


by gibson512

会社の後輩が結婚。

私の会社には仕事をバリバリ頑張る後輩の女の子がいました。

「いました」ってコトはもう辞職してしまったってコトなんですが・・・

その子は、

『この仕事が大好きです。たとえ結婚しても続けていきたいです。』

というぐらい、若いながらも仕事にかなり没頭していました。

公私ともに充実していて、まだ20代前半ながらも「いいコだなー。」

と私も思って色々仕事も教えていました。

ですが、そのコは計画にはない妊娠をし、それをきっかけに本気で

結婚を考え、仕事は続けたかったみたいですが会社をやめる結果に

至ったのです。

「○月×日にやめます」と会社の周りの人間にも報告して、周りの

人たちからも「やめちゃうのは残念だけど、幸せな家庭を築いてね。」

なんて言われ、大々的に送別会も行い、いざ会社を去る数日前と

いう時に・・・・・・、



そのコは流産してしまいました。








本人は当然ショックが大きく、呆然としていました。

私もかけてあげる言葉がうまく見つからず、ずっとそばにいてあげる事

ぐらいしか出来なかったけど、出来るだけのフォローはしようと思って

いました。






そんな時彼女はこう言いました。


『○○さん(私の名前)、私今回は妊娠したから結婚も考えて仕事

をやめようと思ったけど、結果的にこうなっちゃった(流産した)からまた

会社に復帰出来ませんか。もともと仕事は好きですし・・・』




私はびっくりしました。

確かに私にはないツラい経験をし、元々仕事を続けたいという事も

十分知っていたけど、でも、予定にはない妊娠をしてそれがきっかけで

子供を産みたくて結婚したいから会社をやめると決めたのは彼女自身

なのです。

そんな都合よく会社がそこまで個人に合わせる事は出来ません。

本気で仕事が好きで続けたいなら、相手の彼氏にも「仕事を続けたい」

という考えを理解してもらって安易に妊娠しないように出来たはずです。

私はそのコに「厳しい事を言うようだけど、それでは考えが甘いよ。会社

は今の○○ちゃんを再び受け入れられないと思う。」と言いました。

勿論、彼女は泣きました。


自分がしてしまったこと。

それがどれだけ周りに影響を与えたのか。


どんなに男女雇用均等が世の中で謳われようとも、女性が

男性に負けずにバリバリ仕事をして地位を上げていこうとするなら、

それ相当の覚悟と努力が必要だと思います。

どうあっても子供を産むのは男性ではなく女性ですし、自分も同じ

女性として仕事で認めてもらいたい一心で犠牲にした事も沢山あります。



・・・・2ヶ月ぶりにその彼女からメールがきました。

「彼も私も当時、色々反省したり話し合って一時は別れようともしました。

でも前向きに一緒に生きていこうという結果に至り、周りの人からもちゃんと

祝福されるような結婚をしようと約束しました。

当時は本当に色々とお世話になりました。」

というものでした。



そして、この秋彼女は結婚するそうです。
[PR]
by gibson512 | 2005-02-01 21:13 | OTHERS