★ギターは誰の手に?!★OTを中心としたblogです★トラバ・コメント・リンクお気軽にどうぞ★


by gibson512

ARABAKI ROCK FEST. 2005 報告です。

朝6時に起きて、車をかっ飛ばすこと2時間弱、さらに電車や臨時バスを乗り継いで

行ってきました。

バスを降りて、会場まで友と一緒に歩くこと約5~10分。

夏日に近い快晴でTシャツで歩いてちょうどよく、昼間から飲むビールがおいしく感じる

気温でした♪

(港の近くという事もあってかなぜか、体長15cmほどのヒトデ20匹程度打ちあがって

干からびていて、やたらキモチ悪かったです。)

今回私が見たアーティストは↓の皆様で、ほとんどHATAHATAステージに偏ってます。

--------------------------------------------------------------------------------
THE BACK HORN、アジカン、THEピーズ、the pillows、バンハズ
GRAPEVINE、忌野清志郎&NICE MIDLE~
--------------------------------------------------------------------------------

早速参戦レポをアップしましたので、内容がうまく伝わるかどうか微妙ですが・・・、

それではどうぞ!



-------------------------------------------------------------------------------
【会場の一長一短】
ARABAKI参戦は03年以来だったのですが、開場のつくりがパワーアップしてました。
会場の端から端まで歩いて15分程度ですので5つのステージを移動するのは
RIJFより楽でしたが、問題はかなりの砂煙り!!
あれはアーティストさんにもかなり負担になったんじゃないでしょうか。
散水するなり何なり、対策を立てないと来年また同じ会場でやるとしたらヤバい
かなって思いました。
-------------------------------------------------------------------------------

【THE BACK HORN】(10:35~)
アジカンと重なっていたので、最初の20分ぐらいしか見れなかったですが、カッコ
良かったですねー。是非ワンマンでも見てみたいアーティストのうちの1組に入りました。

【ASIAN KUNG-FU GENERATION】(11:10~)
このライブもTHEピーズと重なっていた為、つまみ食い程度にしか見れませんでした。
ですが、さすがはアジカン!
演奏曲は順不同ですが、「RE:RE:」「リライト」「君という花」等々人気の高い曲
ばかり。

【THE ピーズ】(11:45~)
本日の本命第1弾!!
曲名は詳しくないので列挙出来かねますが(ファン失格;)、代わりにMCの様子を。
はるさん「えー、シンちゃんはこの後ピロウズもあります。シンちゃんお疲れ(笑)!」
アビさん「今回はキョンキョン来てないの(笑)?!」
注)ご存知の方もいらっしゃるかもしれないですが、2003年にはARABAKIにあの
キョンキョンが来たのです。しかもピーズと思いっきり時間かぶって(笑)。
2003年の時にピーズの皆さんが「オレもキョンキョン見てえよ!」って言ってました。

【the pillows】(13:00~)
本日の本命第2弾です。
「ハイブリッドレインボウ」etc、曲名はもう覚えておりません(笑)。すみません。
こちらも代わりにMCの様子を少し。
さわおさん「えー、先ほどアツいライブをしてたピーズですが、シンちゃん頑張ってます!
       今度新曲が出るので宜しくお願いします。」

THE BAND HAS NO NAME】(15:20~)
本日第3弾にして、一番の大本命!!
運良く最前列!あげくOTとヤックの間のど真ん中で見ることができました!
(ドラムのテッチが後ろを陣取り、前方にはステージの下手から、あつや氏、OT、ヤック、
そして新メンバーの松浦さんというポジションでした。)
(ちなみに今日のOTの衣装は、ザーマスグラサンに赤いフチの白Tシャツ、グリーンの
チェックシャツ、おそらく別注ジーンズ、そして青のラインのNIKEのスニーカーでしたよ。)
ライブ前に、そでからOTが客席をチラッとのぞき見てたのがバッチリ見えました(笑)。
で、しばらくしていよいよ5人の登場です!!
ヤックの「THE BAND HAS NO NAMEです。」と低い声で話から始まると思いきや、
いきなり新曲を1曲と「Rain Song」を披露!!
ギターが3人になって、音に厚みが出ております!カッコよかったです。さすがの貫禄!
曲の途中、ヤックが「アラバキー!!」と叫ぶとOTが続いて「ハタハター!!」と叫び、
ハタハタというステージ名が気に入ったのか、ヤックが「アラバキー!」と叫ぶ度にいちいち
OTは「ハタハター!」「ハタハター!」と嬉しそうに笑いながら連呼しておりました(笑)。
全編通して「言いたいだけじゃないか(笑)?!」とツッコみたくなるぐらい、回数にして
約10ハタハタ、叫んでました(笑)。
そしてMCです。
OT「おはよっ!砂埃がすごいね~。みんな鼻をかむとスゴイことになりそうだねー。」
そしてまた新曲です。っていうか新曲がほとんどでした!!驚きです!
しかも15年のブランクを感じさせない息の良さったらないですよ!!
既存の曲は上記の「Rain Song」と「Something Wild」のみでした。
その他のMCとしては、

O T「(小声でマイクから離れてヤックに笑顔で)自己紹介したら?」
ヤック「(いきなり大きな声で)THE!!(イエーイ!)BAND HAS NO NAME
    でーす!!(イエーイ!)15年ぶりに復活した我々ですが、今日から新メン
    バーとなる松浦さんが参加してます!
    もうすぐ40になるおじさん達が今日は頑張ります!」
O T「ていうか、今日来てるお客さんたちも結構おっさん多いよね(笑)。」
ヤック「(笑)えー、今日は最後まで楽しんでって下さい!よろしくー!」

ていう感じでした。
現時点ではこのぐらいしか覚えておりません(笑)。思い出したら追記していきます。

【GRAPEVINE】(16:35~)
バンハズからの流れでそのまま観戦しました♪翌日の品川ステラには行けないので、
絶対見ようと思っていただけに感激もヒトシオでした!
順不同ですが、「HEAD」「ブレイクスルー」「Suffer The Child」「アンチハレルヤ」
等々、そしてアンコールでは「鳩」。
今夏、新曲が出るそうです!!それも演奏してくれました!かなりアップテンポな曲
でした。今回のライブでは田中さんが終始笑顔でかなりのごキゲンでした♪

【ラジオブース(宮城のFMの生放送で、フリスク協賛です)】(17:30~)
17:30からの宮城県のFMでの生放送でのゲストがバンハズでした。
約20分のトークです。OTがマイラジ効果のせいか、かなり饒舌でした!

①牛タンの話
O T「だいたい地元仙台の人がどれだけ牛タンを食ってるかって話ですよ。」
D J「(観客に)ハイ!ではここで質問です!1週間に一度は牛タン食べてるって人?」
O T「あんまいないですね(笑)。以外に県外の人がいっぱい食ってんじゃないの?!」

②今後のそれぞれ予定とバンハズの予定
O T「僕、個人的にも来週また仙台に来ますからねー。」
D J「ええっ?!プライベートでいらっしゃるんですか?!」
O T「んなワケないじゃないですかっ(笑)!自分個人のライブで来るんですよ(笑)!」
ヤック「僕たちはこの後、深夜に3人で細々とライブをやります。夜まで何してよっかな。」
D J「(観客に)皆さん、今夜是非スパゴーのライブを観に行きましょう!!」
ヤック「(観客の微妙な反応を見て)すげえビミョーな反応っ(笑)!」
・・・だって、26:10からなんだもの!行きたくっても明日仕事だし無理っスよ(泣)!
D J「さー、いよいよ始動したTHE BAND HAS NO NAMEですが、今後の予定は
    いかがでしょうか?」
O T「解散に向かって活動します(笑)!」
D J「それじゃ松浦さんが・・・あんまりじゃないですか(笑)!今日からライブが始まった
    ばかりなのに(笑)!ねー?松浦さん(笑)!!」
松浦さん「そうですね(笑)」
ヤック「来週5月4日に大阪行きますんでよろしく!」
松浦さん「7月20日にアルバムが出ますのでそちらもよろしくお願いします!」
(※この松浦さんの発言は、私の勘違いかもしれません。大事なコトなのにサラッと聞き
  流してしまったので・・・間違っていたらすみません。)
D J「はい、もっとお話を聞きたいところですが、残念ですが時間が来てしまいました!
    THE BAND HAS NO NAMEの皆さんでした~!」
この後、一度去ろうとしたOTですが、飾ってあったフリスクの束をごっそり持って帰って
ました(笑)。

【忌野清志郎&NICE MIDLE with NEW BLUE DAY】(19:50~)
大御所、GODのライブが大トリです。オレンジ色のスーツで登場!
有名な曲「トランジスタラジオ」等が披露され、NEWアルバムからも何曲か演奏して
くれました。

清志郎さん(以下GOD)「イエー!」観客『イエー!』
GOD「イエーって言えー!」観客『イエー!』
GOD「どこから来たんだ?」観客『イエ(家)ー!』
GOD「OKベイベー!アラバキベイベー!最高だぜ!アラバキベイベー!!」
観客『イエー!』
といったやりとりでかなり盛り上がりました。

そしてなんと、ゲストにTHE HIGH-LOWSのヒロトが登場!
GOD「ここで、ゲストの登場だぜ!ハイロウズのヒロトー!」(おおー!)
ヒロト「こんばんわー♪来ちゃったよ。」
GOD「なんとヒロトはオレのライブと時間が少し重なっているにも関わらず、駆けつけて
     くれたんだぜ!」
ヒロト「うん。オレらの客にオレたちのライブ終わったらこっちに来るようにって言っておいた
    から(笑)。」
GOD「道理でこっちの客が少ないと思ってたんだよ(笑)。」
というワケで、NEWアルバムの中の1曲で、ヒロトとDUETしている曲を披露!
尚且つ、しきりにGODがヒロトの頭をなでながら「キモチイイ」も披露しました。

そして、アンコールでは・・・!!!ななななんと!!ギターを持ったOTが登場!!
びびびびっくり!!!OTだけじゃありません!なんとスカパラホーンズの皆さん!!
タンバリンを持ったクドカン!!そしてギターを片手に高野寛さんまで登場!!
当然、場内騒然ですから!!ありえないくらいの豪華なメンバーですから!!

≪追記≫
GOD「イエー!OKベイベー!!アンコールどうもありがとう!ここでまたスペシャル
    ゲストを紹介するぜ!奥田民生~!!」
O T「どーもー。奥田民生でーす。」(観客はもう声にならない声で騒然としてます。)
OTはこの時、むらさき色のトレーナーとザーマスグラサンで登場しました。
GOD「そして・・・スカパラホーンズのみんな!!」
ここでホーンズの皆さんは、それぞれの楽器を鳴らしながら登場!!
GOD「そして~!!宮藤宮九郎くーん!!」
クドカンはなぜか踊るようなステップでステージの上手へ。
GOD「最後はー!高野寛くん!!」
高野さんは、ギターを上に上げて観客の声に応えてくれました。
GOD「OK!ベイベー!それじゃーこのメンバーでお送りするナンバーを聴いてくれ!」
「最も世界で一番有名なジャパニーズソング!『上を向いて歩こう』!!」
    (OTは2番担当で、終了後に)
GOD「イエー!最高だぜ!ベイベー!また仙台に必ず来るぜベイベー!!」
「それじゃー最後はやっぱりコレで行くぜ!『雨上がりの夜空に』!!」
最後はステージの下手から順番に高野さん&OT&GOD&スカパラホーンズ&
クドカンの順番に肩を組んで足をクロスして、約20秒ぐらいの長いお辞儀!!
しかもステージを去る時にGODは何度も何度も観客へ向かって投げキッスをして
くれました♪
(終了時間21:15)

いやー、すごかった・・・。ありえないホント・・・ん?今頃スパゴーのライブ終わったかな。
どうだったんだろ?!気になりますが、明日は朝から仕事なのでこの辺で。寝ます(笑)。
[PR]
by gibson512 | 2005-04-30 03:07 | LIVE OT