★ギターは誰の手に?!★OTを中心としたblogです★トラバ・コメント・リンクお気軽にどうぞ★


by gibson512

MTR&Y@新潟PHASE・5/15.SUN.報告です。

新潟には初めて行ってきましたが、何と言ってもSTAFFさんたちの対応が

とても凄かったです。・・・もちろんイイ意味でですよ!

なんかこう、「絶対このライブを成功させてやるっ!」っていう意気込みって

いうか。あとは、お客さんの男女比率が、新潟は完全に5:5で、しかも男性陣

のヤジの方が多かったです。太ーい声で(笑)。

逆に女性陣の方がゆったりとしていて、あんまりガツガツしていないというか

(笑)。とりあえず、また行ってみたいなーと思えた1日でございました。




※広島ファイナルに参戦したなみねこさんのウキウキ海岸通り

トラックバックさせて頂きました!!なみねこさん、ありがとう!!



※18時開場、18時30分開演の予定から15分遅れて、18時45分からの
開始となった今回のライブの模様です。

暗転後に4人登場!!OTは最初から両手ガッツポーズで登場しました!!
既に男性陣のヤジはここから始まっております(笑)。

ダンダンッ!とドラムを鳴らす湊さん、ギターをジャカジャーンと弾くOT。観客
の歓声は鳴り止まない状態でした。

O  T:「小原礼ー!(イエーイ!)湊雅史ー!(イエーイ!)斉藤ヤング!
     (イエーイ!)」

すぐに「1.ギブミークッキー」のイントロがかかり、「イエーイッ!!」と吠える
OT。何度見てもあの、フラッシュの中ガンガン演奏する4人はカッコイイ!!
1コーラス終わったところで、「新潟ーーー!!」と叫ぶOT。今日もノリノリです。
この1曲の中で、もう何回吠えていたでしょう・・・すんごいテンション高かった
です。
そして、観客の「イエーイ!」という声も待たず、すぐ「2.快楽ギター」へ。
新潟の観客も吠えまくっていました!「AADA」のところはもう男性の声しか
聞こえない状態っていうぐらいでした。
そして更にバカでかい声で「イエーーイ!!」と叫び、2曲立て続けに演奏した
後、ビールをプシュッ!と開けて一口グビッと飲むOT。

「3.ベビースター」に入り、少し落ち着く観客一同。演奏後はいつになく、
テンション高く、「イエーイ!ありがとうっ!」と叫ぶOTでした。

そして、ギターを換えて、ポロンポロンとギターをチューニングして、バッチリってところで
O  T:「こんばんはー!(こんばんはー!)えー、15分押しで始まりましたが!(笑)
    キミたちがなかなか入らないからー!(笑)やる気はあるんですかー?!(笑)
    もっとこう、スムーズに入ってくれないとー!押しましたよー、だいぶ!(笑)」
礼さん:「もう先に1杯飲んじゃったよ!」
O  T:「2杯分ぐらいよけいに飲んじゃいましたよ!(笑)」
観 客:「大丈夫!オレらも飲んでるからっ!」
O  T:「あっそうー。(笑)・・・もう飲むといい加減になるんだよなー!(笑)
     もうここのお客さんも寒くはないですね!」等々続き、
O  T:「えー、春ツアーということでー、もうちょっと暖かいことを期待していたのですが、
     新潟寒いですね!東京も寒い!早く高知に行きたいね!(笑)あっちは多分
     暖かいんじゃないの?!皆さんもここ終わって外に出る頃は寒いだろうね!
     半そでだし。(笑)しかも久しぶりに来てみたら近くにチャペル出来てるし!(笑)
     ・・・ていうコトで・・・えー、・・・以上です(ええ~?!)最初の挨拶としては。
     問題がなければ、次の曲に行ってみたいと思います。
     さっさといこうね。休みだからね。早く帰りたいでしょ?!えー、皆さんもね、
     ヒマなんだね!(笑)なんかそういう顔してるよ。(笑)サチ薄そうな顔してます
     もんね!(笑)顔がテカってきましたよ。・・・薄テカですね。(笑)
     隣の人の顔を見てみて下さい!テカってますから。化粧なおさなくて大丈夫
     ですか?(化粧直しするジェスチャーをして)こういうの、しないんですか?(笑)
     ・・・えー(笑)、よろしくお願いしますっ」

と最初の挨拶にしては珍しく長めな挨拶の後、「4.ライオンはトラより美しい」、続けて
「5.何と言う」を演奏し、「ありがとうっ!」と一言、短めのOT。

一服しながら、
O  T:「はい休憩~。まだ酔ってるだろ?!」(イエーーイ!!)
O  T:「ふつう、この(休憩の)時間では盛り上がらんぞ?!(笑)」
ギターのチューニングをしながら、更に盛り上がる観客に、
O  T:「そんな熱心に聞かなくても。」と一言。更に、
O  T:「えー、皆さんの顔が暗くてよく見えませんが。」
礼さん:「テカってるのだけよく見えるよね!」
O  T:「暗い中、テカッ!テカッ!と。(笑)・・・えー、小原礼ー。(となぜか紹介)
     えー、新潟と言えばね、美人が多いと言いますけども、どうですか??」
と礼さんに聞くOTに対し、
礼さん:「みんな色が白いよね!」
礼さん:「日照時間が短いからじゃないの?!」
O  T:「日照時間が短い?!あー、そうねー。でも雪が多いから照り焼けするん
     じゃないの?!(笑)」
礼さん:「照り焼き?!」
O  T:「照り焼け!雪の照り返しで!ここ(首)から下はみんな黒いんじゃないの?
     (笑)・・・えー問題がなければ次に行きますが。問題なければ行きますよ。
     いいですかー?!・・・っていうかね!男が増えてるっつーのがね、うけつけ
     ないですよ!!(笑)・・・・次!次の曲。・・・NEXT!」

とまたもや長めのMCの後は、「6.人間」を演奏です!「ありがとう」と静かに言うOT。
しばし沈黙、「ワーンツースリーフォー」のOTの声で「7.細胞」、続けてまた「ワーンツー
スリーフォー」の声で「8.アーリーサマー」に入りました。
せっかくいいムードだったのに、最初の「花火の光を」と歌いだすところを「花火の色を」
と歌いだしてしまったOT!笑いながらも演奏は続きました(笑)。
拍手の中、「ありがとー」と一言言った後、「ダメだったな(笑)。」と更に一言。

観客の「タミオー」「タミオー」の声に、AXと同じようにギターやベースでベベベーンと
Aマイナーのコードを弾き、
O  T:「1人がAで言い出すと、後に続く人もAで言うっていうのがね、この前、東京
     ではね、そういう傾向があったんです。でも新潟はバラバラですねー。
     ‘出る杭は打たれる’からね。(笑)打ったら出なくなるか(笑)」
礼さん:「出る杭?!」
O  T:「出る杭、杭はなくて・・・うーん」
観 客:「湊さーんっ!!」と言ったのに対して、
O  T:「小原礼っ!」と返すOT。
O  T:「なんとなく全員鼻声なんですけど。(笑)終わる頃には通りがよくなるか?!」
と、マイクについているツマミをいじりながら言うOTに対して、
観 客:「何それー?!」
O  T:「よくぞ聞いてくれましたー」と言いながらそのまま、
「9.海の中へ」「10.手紙」へ。
演奏後は観客の拍手&歓声の中「ありがとー!」とOTの一言。

O  T:「ありがとーございます。ありがとーございましたー。」

とここで!!礼さんがOTに何かボソボソッとつぶやきました。
O  T:「あー、いいですよ。・・・余韻に浸っているところに!・・・フッフッフッフ(笑)!!
     えー(礼さんが)トイレに行きたいそうです。」
と言い終わるのを待たないうちに礼さんが袖に走ってました(笑)!
ライブ中に演者がトイレって!でも礼さんだから(笑)!!・・・ウケました。
O  T:「ベースプレイヤーがね(笑)。」
ヤング:「前のベースプレイヤーは(どうだったの)??」
O  T:「前のベースプレイヤーはねー、足が上がって、こう、ベンベンベンベンって!
     えー、斉藤有太ー!(拍手)たぶんムーディーな曲を弾いてくれるよ!」

・・・というコトで、しばし礼さんが戻るまでの間、困りながらテレながらも、有太さんの
とてもムーディーなオリジナルジャズが始まり、それに合わせてギターを奏でるOT。
その曲の途中に足早に戻ってくる礼さん。
1曲終わって、
O  T:「斉藤ヤング!(イエーイ!)フロム新潟!(イエーイ!)」と紹介がありましたが
ヤング:「フロムって(笑)!フロムじゃないよ!」
礼さん:「(戻ってくるまでの間に)なんかあった?!」
O  T:「別にー。何もないよ。」等々あり、
O  T:「えー、なんもなければ次に行きます。今日はサクサクやるつもりだったのになー。
     結局時間がかかってるよね!(笑)」

と、「11.スタウダマイヤー」のイントロへ入り、さっきまでの出来事がホントに何もなかった
かのようにみんな聴き入ってました。「ありがとー」と一言言うOT。

O  T:「ありがとうございますー。・・・・・・・・・えー、何事もなければ次にいきます。」
と何かこの後もMCが続いてましたが、その後「12.スカイウォーカー」へ。「ありがとー!」
OTの「はい!」という掛け声に合わせて、「13.恋のかけら」へ。「ありがとー!!」

たくさんの歓声に対して、
O  T:「はいどうもーありがとうございますー。えー、ということで、今回ですねー、色々、
     コンプが出るあたりには、そのツアーで、厳選された、コンプの中からやっとります。
     えー、中途半端な時期に出たとはいえ、皆さんも買って頂いたと思います。」
観客の微妙な反応に対して、
O  T:「30%を下回りますね。(笑)買ってない人は是非、罪の意識に苛まれて3枚
     ぐらい買ってくれることと思います。(笑)ありがとうございます。ホントは皆さんね、
     ふところが暖かい人ばかりだと思いますのでねっ。(笑)
     えーこの後は特に予定があるわけではないですが、ツアーやアルバムを出して
     いきますよ。・・・ホントは40歳になったから隠居しようと思いましたが!
     あっ!先輩(礼さん)がいるところで!えー、まだまだ頑張りたいと思います。
     ‘‘まだまだ頑張る’’って言ってる時点でだいぶおじさんなんですけども!(笑)
     20代の人はそんなコトいわないですよ!(笑)それもまた味というコトで。
     えーまた、しょっちゅう(新潟に)来たいと思います!」(イエーイ!)
O  T:「2週間にいっぺんぐらい来たいと思います!(イエーイ!)
     もちろんムリです!(笑)そのぐらいの気持ちです。・・・・えーだんだんと沈んで
     きましたね。(笑)話が長いので。というワケで今日はありがとうございました。」

「14.プライマル」「15.哀愁の金曜日」の演奏が終わったところでOTの「イエーイ!」
そのまま、「16.サプリメン」、再びOTの「イエーーイ!!」があり、「17.サウンドオブ
ミュージック」で最高潮の盛り上がりです!!間奏では今日一番と思えるぐらいの
「イエーイ!」「ありがとー!!」と、OTが吠えてました!!
最後は再び「イエーーーーイ!!!」と叫び「18.ルート2」へ!!観客も拍手!
そして大歓声!!で本編は幕を閉じました。ガッツポーズを取りながら4人はステージ
の袖にはけました。


会場内は、アンコールを求めて手を叩く観客で、熱気に溢れていました!
それに応えるがの如く、・・・・・・4人の再登場です!
O  T:「ありがとうっ!!ありがとうございまーす!」と一言言った後、「船に乗る」が
始まり、観客も聴き入ってました。

O  T:「ありがとうございます!これで新曲全部やったね!」
礼さん:「さて何曲やったでしょう??」
O  T:「・・・8曲ね!!」
・・・えっ?!マジで?!・・・と思いましたが、ヤングのジャズも1曲にカウントされてる
からか、とりあえず8曲でした(笑)。
O  T:「というワケで今日はありがとうございました!今年40に・・・・・・言わなきゃいい
     のに、バカ!・・・色々ありますよ、色々ね。だって、忙しいもん!オレは!
     誰だ?!オレを‘マイペース’とかいうヤツは!!誰が言ってるんだ!!
     出て来いコラッ!(笑)・・・えーそういう感じです。ありがとうございました。」
と、ここでデニーロポーズを取ってました。
で、「さすらい」へ!!OT「ありがとー!!サヨーナラー!!」と軽快なピアノの曲の中、
ステージの裃へ4人並んで深々とお辞儀。そしてガッツポーズ!!
手を振りながらはけていく4人・・・。

観客はこれでもか!というぐらい再び手を叩きました。

・・・4人の再々登場!!
礼さんのベースに合わせて、OTが「ありがとう!!」と一言言った後、
O  T:「小原礼ー!(礼さんソロ)湊雅史ー!(湊さんソロ)斉藤有太ー!(ヤングソロ)」
ヤング:「奥田民生ー!」とOTのソロ!!そして、「BEEF」新潟バージョンへ!!

「♪外国産はひっこんでろ♪」の後は長~いそれぞれのソロがあり、有太さんにクローズ
アップ!!
O  T:「斉藤有太ーーー!!」と再び大きい声で再紹介し、有太さんのカッコいいソロ
が響き渡ってました!!
O  T:「ありがとーー!さよならーーー!!」と最後の「ありがとう」とそして観客の歓声と
拍手がいつまでもいつまでも続いてました。


今回のライブは512後のライブということもあり、綺麗に肩の抜けた感じでありながらも
非常にテンションの高いライブでした。
今回の新潟で、全国12箇所15公演の前半戦が終了しましたが、この調子で行くと
後半戦はかなりハイレベルなライブになるのではないでしょうか・・・。
今後6月以降の予定は今のところ表だったものはないようですが、きっと何かしらやって
くれるんだろうと思い、期待も高まる一方です!!
私自身の今回のツアー参戦も、あとは残すところ5/17のZEPP TOKYOのみです。
あーもうこれで実質私は終わりかーと思うとちょっと寂しい気もしますが、後半戦に参戦
する方のレポを楽しみにしつつ、5月は過ごしたいと思います。そして、また新潟へも
行きたい!とてもイイところでした!

最後まで読んで頂いて、あざーっす!!(笑)


~MTR&Y@新潟PHASE 15/05/2005/SUN. セットリスト~

01.ギブミークッキー
02.快楽ギター
03.ベビースター
04.ライオンはトラより美しい
05.何と言う
06.人間
07.細胞
08.アーリーサマー
09.海の中へ
10.手紙
11.斉藤ヤングによるムーディーなトイレ待ちのジャズ1曲
12.スタウダマイヤー
13.スカイウォーカー
14.恋のかけら
15.プライマル
16.哀愁の金曜日
17.サプリメン
18.サウンドオブミュージック
19.ルート2

en1.船に乗る
en2.さすらい

en3.BEEF~新潟Ver.~
[PR]
by gibson512 | 2005-05-16 02:32 | LIVE OT